SBI証券のFXで気になるスプレッドはどのようになっている?

SBI証券のFXは多くのトレーダーから高い評価を受けています。その理由として、スプレッドが低くまとまっていることや、取り扱い通貨ペアが多いということ、さらにツールの内容が非常に充実していることなどが挙げられます。そこでここでは、SBI証券のFXにおけるスプレッドについて紹介していきたいと思います。

 

SBI証券FXの主要通貨ペアのスプレッド

SBI証券のFXにおけるスプレッドの提示スプレッドについてですが、主要な通貨ペアのスプレッドは以下のようになっています。

米ドル/円:0.5銭
ユーロ/円:1.4銭
ポンド/円:2.2銭
豪ドル/円:1.4銭
ユーロ/米ドル:0.00008米ドル
ポンド/米ドル:0.00018米ドル

なお、一般的なSBI証券のFXのスプレッドと同様に、ミニ取引(SBI FXミニ)においてもほぼ同様のスプレッドが用意されています。

 

SBI FXは取引量に応じてスプレッドが変化

SBI証券のFXの特徴のひとつとして挙げられるのが取引数量によってスプレッドが異なるという点です。SBI証券のFXはサービスを開始してから短期間の間に何度もスプレッドの短縮を行ってきましたが、2013年より1通貨から1万通貨であれば米ドル円のスプレッドが0.1銭原則固定という大幅なスプレッドの狭さを実現しています。

 

特にスプレッドが狭いのは少額でのトレードを行う場合です。短期的なトレードを繰り返したり、FX初心者の方にとって非常に利用しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ

気になるスプレッドについて / SBI証券の評判徹底ナビ関連ページ

FX
シルバーライトチャート

このページの先頭へ戻る