世界のマーケットの中心!米国株の取引ならSBI証券

世界中のマーケットの中心だと言われているアメリカ。このアメリカに存在している米国株の取り扱いを日本にいながら行うことができるようにSBI証券では様々な米国株の取引商品をリリースしています。ここではSBI証券の米国株について紹介していきます。

 

業界最低水準の手数料

SBI証券の米国株取引における手数料に関してなのですが、こちらは業界最低水準の手数料体系となっています。様々な証券会社が米国株の取り扱いを行っていますが、SBI証券では一つの注文に対する手数料が25米ドルとなっています(税込み26.25米ドル、1000株まで)。

 

リアルタイムでの取引

SBI証券の米国株取引では、アメリカの立ち会い時間に合わせたリアルタイムでの取引を行うことができるようになっています。日本時間にすると23時30分から6時まで、サマータイムの場合では22時30分から5時までとなっています。ですので、普段は仕事などで日本の株式の取引を行うのが難しいという方でも米国株取引なら都合つけやすいという方も多いです。

 

海外ETFも充実

SBI証券では米国株の取り扱いはもちろんのこと、新興国市場の指標を元にしたものや、先進国の指標に連動するETFといった実に様々な米国ETFを用意しています。

 

米ドルMMFので長期運用

SBI証券では米ドルMMFへのサービスもリリースしています。米国株の売却を行った時に生まれた資金や配当金といったものをそのまま米ドルMMFとして運用することができるため非常に効率よく資産運用を行うことができ、長期的な運用にも適しています。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ

世界のマーケットのスタンダード米国株とは? / SBI証券の評判徹底ナビ関連ページ

ミニ株
投資信託積立
ETF
exe-i
eワラント
外貨建てMMF
外国株
中国株
ベトナム株
韓国株
ロシア株
インドネシア株
シンガポール株
マレーシア株
タイ株

このページの先頭へ戻る