外国株の取引をしたいならSBI証券がおすすめ

外国株式投資というのは日本にいながら海外の企業に投資を行うことができるというものです。多くの証券会社が外国株の取り扱いを行っていますが、中でも商品の数が圧倒的に多いのがSBI証券なんです。ですので、外国株の投資を行うのであればSBI証券がおすすめだという方が非常に多く、実際に多くのユーザーがSBI証券を通じて外国株の取引を行っています。ここではSBI証券の外国株取引について紹介していきます。

 

国内から海外の企業への投資

SBI証券の外国株式取引口座を開設することによって外国株の取引を行うことができるようになっています。外国株投資というのは先程の紹介した通り海外の市場に上場している株式を取引することができるというもの。日本にいながら海外の株式の取引ができるということでとても便利です。もちろん外国株式口座は無料で開設することができますので気軽に試すことができます。

 

9か国もの株式の取引

SBI証券の大きな魅力のひとつとして挙げられるのが9か国もの株式との取引を行うことができるということです。ユーザにとって収益機会が多いというのはかなり魅力的なメリットとなっており、SBI証券では2013年2月の時点でアメリカ、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアという9か国の株式を取り扱うことができるようになっています。

 

商品の数が多い

SBI証券では日本の株式と同じように外国株でも現物での取り扱いだけでなく、ETFや複数の商品などの取り扱いを行っています。そのため、例えばアメリカの外国株を取り扱う場合米国株式の取り扱いだけでなく米国ETF、ADRなどの取り扱いもできます。また、SBI証券の海外ETFを活用することによってほぼ全世界中の投資を行うことができるようになります。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る