マレーシア株取引の特徴について

マレーシアはイギリスの植民地時代から非常に多くの農作物や鉱物の生産が盛んで、今でもなお成長経済のまっただ中にいる注目すべき国です。安定した雇用情勢や高い経済成長率が特に注目されており、それに伴ってマレーシア株というのも非常に評価が高い傾向にあります。

 

最近では様々なハイテク産業にも手をかけるようになってきており、さらなる経済成長を期待することができるということでマレーシア株の取引を行うことができる証券会社はチェックしておいたほうが良いでしょう。中でもやはり定番となっているのはSBI証券です。マレーシア株の取引を早い段階から行っており、ユーザーの利便性もかなり高い様に生えるされているためこれからマレーシア株の取引を行うという方はSBI証券を検討してみてはいかがでしょうか。

 

手数料が安い

SBI証券では業界の中でも最低水準となっている手数料を用意しています。マレーシア株の取引を行った際の約定代金の1.05%が取引手数料となっており、最低手数料は80マレーシアリンギットとなっています。なお現地手数料・現地諸費用はSBI証券が負担してくれるため気にしなくても大丈夫です。

 

豊富な銘柄を選ぶ

SBI証券のマレーシア株ではマレーシアを代表する企業をはじめ、マレーシア証券取引所上場している銘柄の取引を行うことができるようになっています。

 

外貨決済ができる

SBI証券では外貨決済に対応しています。そのため、マレーシア株の購入や売却でマレーシアリンギットでの決済を行うことにより為替によるスプレッドなどを気にする必要がありません。もちろん円貨での決済も可能となっていますのでユーザーのスタイルに合わせて決済を行うことができます。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る