ミニ株(S株)なら少額資金での取引が可能

株の取引を行うとなるとある程度まとまった資金がなくてはなりません。というのも、ひとつひとつの株の値段自体はそこまで高くなくても、それぞれの銘柄ごとによって一口に取引しなくてはならない株の数が決まっているからです。例えば、A株は1000株/1口となっていたり、B株は100株/1口となっていたりとそれぞれの株によって様々なんです。

 

この株の売買の最低単位のことを「単元株数」と言いますが、SBI証券が用意しているミニ株(S株)はこの単元株数にかかわらず1株価が取引をすることができるようになっています。これにより、まとまった資金を用意するのは難しいという方でも少額の資金から取引をすることができるようになるため気軽に株取引を行うことができるようになっています。

 

また、それぞれの銘柄を少しずつ購入することができるため少額の資金でも分散投資を行うことができますし、もちろん株式分割などが発生した単元未満株を買い増しすることによって単元株にすることができるというのもメリットとなっています。

 

もちろん配当ももらえる

SBI証券のミニ株(S株)は通常の単元株と同じように回答を受け取ることができるようになっています。ミニ株(S株)であったとしてもカブ主研がありますので、配当の配分があるだけでなく、保有株数に応じた正規配分が行われます。

 

ただし、議決権はなく、株主優待の権利などについてはそれぞれの企業によって異なってきますので確認を行う、問い合わせを行う必要がある場合も考えられます。株主優待を目指してミニ株を利用するという使い方も可能ですので、ただ単純に利益を目的としてSBI証券での取引を行うだけでなく、株主優待が目的という方もかなり多いです。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る