外貨建てMMFの特徴やメリットについてまとめ

SBI証券では外貨建てMMFがサービスとして提供されています。外貨建てMMFというのはマネーマーケットファンドのことで、格付が高いとされている外貨で立てた短期証券による投資信託のことを言います。ここで扱われている外貨では米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラなどが挙げられます。

 

SBI証券の外貨建てMMFの特徴

SBI証券の外貨建てMMFはどのような特徴があるのでしょうか。これらの特徴を十分に吟味した上で利用するのかを検討していくようにしましょう。

 

少額からの買付が可能

SBI証券の外貨建てMMFは少額からでも買い付けを行うことができるようになっています。そのため、あまり多くの資金を持っていないという方でも手軽に始めることができるという特徴があります。米ドル建てでのMMFの場合であれば10米ドルからの買付が可能となっています。

 

売買手数料が無料

SBI証券の外貨建てMMFでは売買手数料が無料となっています。これによって取引コストを大きく押さえることができるようになっていますので、コスト重視の方でも満足のいく投資を行うことができるようになっています。

 

外貨決済サービス

SBI証券の外貨建てMMFでは外貨決済サービスが適用されます。そのため、受け取った代価をそのままMMFの買付に利用することができるようになっていますので為替コストなどの影響を受けませんし、よりスムーズな買い付けに結びつけることができます。

 

原則非課税

外貨建てMMFの売却益というのは原則非課税となっています。分配金は月末の分配金再投資で一律20%の源泉徴収による分離課税が適用される利子所得となっています。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る