東南アジアの経済の中心地シンガポール株の取引はSBI証券で

シンガポールといえばいわずも知れた東南アジアの経済や流通の中心地として機能している国です。シンガポールの国土というのは東京23区と同じくらいで人口もそこまで多いわけではないため国力が高いとは言いがたい部分があります。しかし、それでもシンガポール株の注目が集まっているのは理由があるんです。それは海外の企業積極的に誘致しているビジネスインフラが整っているという点なんです。

 

東南アジアの中心地という魅力的な立地条件を十分に活かしたビジネスモデルを採用している国であるため、東南アジアに進出する企業などから注目を集めており、その結果シンガポール株もまた注目されているというわけなんです。ここではSBI証券で取り扱うことができるシンガポール株について紹介していきます。

 

業界最低水準の手数料

SBI証券ではシンガポール株の取引を行う場合の手数料を業界最低水準にまとめています。取引手数料は約定代金の一.05%となっており最低手数料は30シンガポールドルとなっています。なお取引手数料以外の費用についてですが、現地手数料・現地諸費用はSBI証券が負担してくれるため無料です。手数料が少ないということもあってシンガポール株を始めて利用するという方でも安心して利用できる環境が整っています。

 

多くのシンガポール株を選べる

SBI証券が取り扱っているシンガポール株というのはシンガポール証券取引所に上場している代表的な銘柄となっています。例えばシンガポール航空やDBSグループといった有名企業などの株を選ぶこともできます。

 

外貨決済で為替リスクを回避

SBI証券ではシンガポール株の取引を行った際に決済をシンガポールドルで行うことができるようになっています。そのため、取引を行うために為替スプレッドをかける必要がなく、為替リスクを回避することができるようになっています。もちろん日本円での決済も可能です。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ

東南アジアの経済の中心地シンガポール株 / SBI証券の評判徹底ナビ関連ページ

ミニ株
投資信託積立
ETF
exe-i
eワラント
外貨建てMMF
外国株
米国株
中国株
ベトナム株
韓国株
ロシア株
インドネシア株
マレーシア株
タイ株

このページの先頭へ戻る