SBI証券のサービス / SBI証券の評判徹底ナビ記事一覧

SBI証券ではユーザーの取引スタイルに合わせて二つの手数料プランから選ぶことができるようになっています。現物取引や信用取引などによって手数料も若干変わってくる部分がありますので確認しておきましょう。現物取引SBI証券の現物取引ではスタンドとプラントアクティブプランの二つが用意されています。スタンダードプランスタンダードプランは中期、長期的な投資におすすめのプランとなっています。1回の注文の約定代金...
2014年1月よりNISA口座での取引が開始されますが、1人に対して一つまでしかNISA口座を持つことができないと定められていますので、どこの証券会社に口座開設を行おうか悩んでいる方も多いと思います。もちろんすでに利用している証券会社があるのならそこの証券会社を選ぶというのも一つの手でしょう。しかし、せっかくNISA口座を開設するのであれば、手数料も安く、豊富なラインナップが用意されているSBI証...
SBI証券の特徴のひとつとして豊富なキャンペーンを用意しているという点が挙げられます。様々なキャンペーンを用意している証券会社はたくさんありますが、SBI証券はこれらの中でもキャンペーンの数がとても豊富で、ユーザーのニーズに合わせてキャンペーンを選ぶことができるためよりお得に利用することができるようになっています。ここではSBI証券のお得なキャンペーンについていくつか紹介していきたいと思います。口...
SBI証券では確定拠出年金(401k)というサービスを提供しています。確定拠出年金(401k)というのは私的年金のひとつとなっており、現役時代に掛け金を確定してそれを収めることによって老後の受給額として支払われる年金となっています。確定拠出年金は個人型と企業型の二通りがありますが、SBI証券ではそのどちらも用意しています。ここではSBI証券が提供している確定拠出年金(401k)のメリットについて紹...
株の取引を行う場合に証券会社を通じて行うのが一般的となっています。最近ではSBI証券をはじめとしたネット証券を通じて株取引を行っている方が増えてきている傾向にあります。これまでであれば、証券会社の店頭での取引が原因となっていたのですが、各家庭にパソコンが普及し、インターネットに接続することができる環境が整ってからというものネット証券会社が強い力を持つようになっています。そこで気になってくるのが、S...
日本円とドルの両替をするとなると、銀行を利用する方も多いでしょう。最近ではインターネットバンキングを通じて両替を行うこともできますのでとても便利な世の中になったと言えます。しかし、ここで問題となってくるのがその手数料の高さではないでしょうか。為替手数料というのはその時々によって異なりますし、何より銀行で設定されている値段はかなり高いため日本円とドルの両替を行うのに別途料金がかかってくるとなると腰が...
SBI証券ではexpress口座というサービスを提供しています。これを利用することによってユーザーとSBI証券の間の書類郵送回数はわずかの一往復、申し込みを完了してからおよそ1週間程度で取引を開始することができるというとてもスピーディーかつ便利なサービスとなっています。ここではSBI証券のexpress口座について紹介していきます。申し込みはとても簡単SBI証券のexpress口座を開設するために...
SBI証券の有料サービスのひとつとして人気を集めているフル板。こちらは、8本気配値外の板状況、注文件数や引け注文数量等を含む全ての板情報をいつでも確認することができるというサービスになっています。全ての板の状況を表示させることもできますし、注文件数や引け注文数量なども閲覧することができます。また、フル板はインターネットブラウザで利用することができるサービスとなっているため、いつでもどこでもインター...
SBI証券を利用する場合、入金や出金を行わなくてはなりません。SBI証券はネット証券の強みを活かし、リアルタイムでの入出金ができるようにサービスを提供しています。ここではSBI証券での入金・出金について紹介していきます。入金SBI証券の口座に入金する場合、即時入金、銀行振り込み、振替入金、ATMカード入金の中から選ぶことができるようになっています。即時入金SBI証券の即時入金は往信SBIネット銀行...
SBI証券ではハイブリッド預金というサービスを提供しています。このハイブリッド預金を利用することによって往信SBIネット銀行とSBI証券とが繋がり、SBI証券を利用して現物取引の買付代金、信用取引における保証金などに充当することができる銀行預金のことを言います。ここではSBI証券のハイブリッド預金の賢い使い方について紹介していきます。普通預金として利用するSBI証券のハイブリッド預金は普通預金とし...
他の証券会社で取り扱っていた株式をSBI証券に移管したり、逆にSBI証券で取り扱っている株式を他の証券会社に移管する場合は手数料が必要となる場合が多いです。ここではSBI証券の移管や移管手数料などについて紹介していきます。移管の入庫は手数料無料SBI証券の移管手数料に関してですが、入庫の場合だと無料となっています。手数料がかからないので気楽に利用することができると言えるでしょう。ただし、SBI証券...
株式の取引を行う場合証券会社を利用する必要があります。中でもネット証券として最大手として有名なSBI証券ですが、SBI証券を利用して株式の取引を行う場合はどのような維持費が必要となってくるのでしょうか。ここではSBI証券の維持費について紹介していきます。口座開設は無料SBI証券では口座開設を無料で行うことができるようになっています。いくつかの口座が用意されていますがいずれの口座に関しても無料で開設...
証券会社のサービスのひとつとしてMRF(マネー・リザーブ・ファンド)がありますが、SBI証券では2011年6月24日をもって終了しています。これは自動継続投資講座の新規買い付けの終了であり、それ以前に新規買い付けを行っていた分は全て預かり金として分別保管されています。この預かり金に関してはMRFのような分配金がなく、さらに金利も発生しないとなっていますので早めに対応するようにしたいところです。現在...
証券会社に口座開設を行うのは未成年の方でも可能となっています。もちろん大手ネット証券として有名なSBI証券でも未成年口座を用意していますので満20歳未満の方でも取引口座の開設を行うことができるようになっています。ただし、SBI証券の未成年口座を開設するにあたっていくつかの条件が設定されており、さらに取引を行うことができる商品に関してもある程度の制限が設けられている場合もありますので、このあたりをき...
株の取引を行う場合、日中でしか取引を行うことができません。そのため、一般的な生活を送っている社会人の方たちにとって株式の取引というのはなかなか難しい部分があります。そこでSBI証券ではPTS(夜間取引)というサービスを提供することによって、夜間でも株式の取引を行うことができるようになり、より多くの人が株取引を楽しむことができるようになっています。そこでここではSBI証券のPTS(夜間取引)について...
ネット証券にも様々な証券会社がありますが、何といっても人気が高いのはSBI証券と楽天証券の二つでしょう。これら両者の証券会社がどうして人気を集めているのかというとやはり、手数料が安いこと、取扱銘柄が多いこと、そしてキャンペーンが豊富に打ち出されていることなどが挙げられます。そこでここではSBI証券と楽天証券の比較を行うことによってそれぞれのユーザーにぴったりのスタイルを模索してみましょう。国内外上...

このページの先頭へ戻る