売買手数料は二つのプランから選べる

SBI証券ではユーザーの取引スタイルに合わせて二つの手数料プランから選ぶことができるようになっています。現物取引や信用取引などによって手数料も若干変わってくる部分がありますので確認しておきましょう。

 

現物取引

SBI証券の現物取引ではスタンドとプラントアクティブプランの二つが用意されています。

 

スタンダードプラン

スタンダードプランは中期、長期的な投資におすすめのプランとなっています。1回の注文の約定代金に対して手数料がかかってくるという形になっており、約定代金に合わせて手数料が変化していきます。10万円までなら145円、20万円までなら194円、50万円までなら285円、100万円までなら511円、150万円までなら611円、3000万円までなら967円、3000万円以上だと1021円となっています。証券会社の中でもかなりリーズナブルな手数料に設定されていますので初めての方でも安心です。

 

アクティブプラン

アクティブプランは短期的な売買におすすめのプランとなっています。1日あたりの約定代金の合計額に対する手数料となっていますので1日のうちに何度でも取引を行いたいという方におすすめです。1日の約定代金の合計額が10万円までなら手数料が100円、20万円までなら200円、30万円までなら300円、50万円までなら450円、100万円までなら800円、以降100万円増加ごとに420円ずつ増加という形になっています。

 

信用取引

SBI証券の信用取引もまた二つの手数料プランが用意されています。

 

スタンダードプラン

スタンダードプランは1回の注文の約定代金に対する手数料がかかるようになっています。一度の注文の約定代金が20万円までだと150円、50万円までだと200円、50万円以上だと378円となっており、5000万円以上の場合だと無料となっています。

 

アクティブプラン

アクティブプランは1日の約定代金の合計に対する手数料となっていますので1日後に何度も取引を行う方におすすめです。1日の約定代金の合計額が10万円までなら100円、50万円77250円、100万円までなら500円、憩い100万円増加ごとに420円増加して行き、5000万円以上の場合は無料となっています。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る