PTS(夜間取引)なら夜間でも取引ができる

株の取引を行う場合、日中でしか取引を行うことができません。そのため、一般的な生活を送っている社会人の方たちにとって株式の取引というのはなかなか難しい部分があります。そこでSBI証券ではPTS(夜間取引)というサービスを提供することによって、夜間でも株式の取引を行うことができるようになり、より多くの人が株取引を楽しむことができるようになっています。そこでここではSBI証券のPTS(夜間取引)について紹介していきたいと思います。

 

PTS(夜間取引)の特徴

SBI証券が行っているPTS(夜間取引)というのは日本証券業協会が定めている取引所金融商品市場以外の部分での売買に関する規則に従って行われている夜間でも取引を行うことができるサービスです。SBI証券ではSBIジャパンネクスト証券株式会社が運営を行っているジャパンネクストPTSでの取引を行うことができるようになっています。

 

SBI証券のPTS(夜間取引)の主な特徴として挙げられるのが次のような点です。

 

手数料が安い

SBI証券のPTS(夜間取引)ではSBI証券のスタンダードプランと比較しておよそ5%安い手数料となっています。SBI証券そのものの手数料がかなり安めに設定されていますので手数料による取引コストを大幅に下げることができます。

 

取引時間

取引時間は朝の8時20分から夜の23時59分までとなっています。ですので、日中は仕事をして夜間に株取引を行いたいといった方でも利用しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

 

取扱銘柄

SBI証券のPTS(夜間取引)が取り扱っている銘柄は国内金融商品取引所上場のおよそ3500銘柄が対象となっています。そのため、それぞれのユーザーにあったスタイルでの株取引が可能となっています。

ネット証券業界でNo.1の実力!!

ネット証券最大手の実力と実績

初心者からトレード歴が長い人でも満足

大手証券会社グループ会社でセキュリティも抜群

多彩な取引銘柄で自分に合った商品が見つかる

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る